テレワーク導入企業の3割が「現在は取りやめている」と回答。生産性の低下などが理由

トレンドニュース

新型コロナウイルスの感染拡大を機に広がったテレワークについて、実施していた東京都内企業の約3割が、その後取りやめていたことが、東京商工会議所の調査で分かったという。

生産性の低下などが理由。やめた企業のうち約半数は「今後も実施する予定はない」としており、テレワークの幅広い定着が難しい実態が浮かび上がった。

調査は同会議所が9~10月、会員企業に実施。1048件の回答があった。

調査では、テレワーク経験のある都内企業788社のうち、約3割にあたる232社が「現在は取りやめている」と回答。テレワーク実施率は前回調査(5~6月)の67%から53%に下落した。

取りやめた企業の業種は建設業が最多の約4割、卸売業で約3割だった。取りやめた理由(複数選択)は「業務の生産性が下がる」が46%…
続きはソース元で
https://www.tokyo-np.co.jp/article/66372

続きを読む

Source: IT速報
テレワーク導入企業の3割が「現在は取りやめている」と回答。生産性の低下などが理由

タイトルとURLをコピーしました